利き手の悩み

3月に左手を剥離骨折してギプス生活を余儀なくされておりました。
そのときに
「左手でよかったですね~」
と、よく言われました。

実は、文字を書くのも箸を使うのも左手です。
思いっきり不便でした。
仕事でも、右手で文字を書くと時間がかかる上に非常に汚い字しか書けず苦労しました。
左手では箸が使えず、スプーンやフォークでも手首が動かせないと口元に運べないので右手で食事すると時間がかかりました。

外食や旅行先でも、テーブルに箸しか置いていなくて
「スプーンとフォークをお願いしていいですか~」
とお願いしてました。

実際のところ、左手で使うのは箸と鉛筆、歯ブラシと安全カミソリくらい。
ハサミは右手で持たないとうまく切れないので右手で使うのに慣れてしまいました。
何度か転職して初めて使う道具などは、とりあえず両手で使ってみて決めます。
なんとなく、細かい作業は左手、力が要る作業は右手…という感じでしょうか。
球技のラケットやボールを投げるのは右手です。
そういえば、台所の洗い物でスポンジを右手に持っていたら珍しがられました…。

そんな話をしていて
「あなたは左利きじゃなくて右利きだね」
と言われ、
「そんなことはあんたが決めることじゃないだろぉ」
と思ったこともありました。
何かものを拾い上げるときなどは左手が先に出ます。
はっきり「左利きです」とは言い難いんだけれども「利き手」の定義って何なんでしょうね。

最近ちょっと話題になっていて、興味がある本。
ただ左利き用メジャー&定規が要るかというと微妙…。

ブログランキングに参加しています。投票お願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告