演奏会を聴いてきました

豊田市コンサートホールにて

アルス・ノーヴァ音楽祭in豊田という演奏会を聴きに行ってきました。
どういう経緯なのかよく分かりませんが、同居人が賛助出演することになったので普段はじっくり見聞きすることのない演奏姿を見てきました。

豊田市は遠いね

岩倉から会場の豊田市まで行くのに、地下鉄鶴舞線経由で豊田市駅まで行くルートと、名鉄名古屋本線の知立で乗り換えて名鉄三河線で豊田市まで行くのと、二つルートがあります。
地下鉄経由だと乗り換えなしで行けるのですが、名古屋本線からだと特急を使えば所要時間が短く済むわけで。
駅に行ってから来た電車に乗ってあとはなりゆきで…と移動開始して、結果的には神宮前と知立の2回乗り換えました。
所要時間は1時間と少し。遠いねぇ…。

お昼を食べて会場へ

早めに着いたので、豊田市駅前で昼食。
昼食の時間を考えて移動したんですけども。
豊田市コンサートホールは豊田市駅から至近距離なのですね~。
その至近距離の途中のお店で昼食。

台湾ケンさんの満腹セット
台湾ケンさんの満腹セット

会場はオルガンもあって素敵なホールでした。
豊田市コンサートホールにて
豊田市コンサートホールにて

プログラム

アルス・ノーヴァ音楽祭プログラム
アルス・ノーヴァ音楽祭プログラム

バッハのバイオリンコンチェルトと韓国から招いた声楽家さんはいい感じで聴けました。
地元の合唱団は、やっぱり素人さんだものね…という感じ。
日本のソプラノ歌手が3人登場したけれど、韓国の方の後だと声のパワーが物足らない感じでした。
ここまでで開園から2時間半。長い。
最後にベートーヴェンの交響曲第9番第4楽章。
同居人はここだけ賛助出演です。
大きな編成で合唱も入ると迫力が違いますね。
管楽器のピッチが微妙かな~というところもありましたが、楽しめました。

気になったこと

開園直前に入ってきて、演奏が始まってから「もう少し前に行く?」「いやいいんじゃない?」とか会話していたおばさん二人。
最後列の通路を走る子ども。
なぜかホームレスっぽい妙なにおいを発してるおばあさん。
子どもが飽きてしまってぐずってるのに放置の母親。
演奏中でもお構いなしに出入りする人多数。
携帯電話を電源を切るどころかマナーモードにもしていなくて開演中に鳴ってしまう人。

とても気になりました。
……という話をしたら、同居人は
「無料コンサートだと後ろの方に変な人がいっぱいいるから前の方がよかったのに」
と言っておりました。
無料でも、最低限のマナーは守ろうよ~。
と思ったのでした。
豊田だから?(違うよね)