面接授業「アーツ&クラフツの経済社会入門」1日目

鉛筆とノート

今日は面接授業でした~。
「アーツ&クラフツの経済社会入門」という科目。
過去に「アーツ&クラフツ運動」というのがあったんですね。
産業革命により工業製品・安価な量産品が増えたのに対抗して美しい工芸品を広めよう、という運動…という認識でいいのかな?

建築や家具の方面で活躍していた人が多かったようで、授業の内容も椅子のお話が主軸。
肩透かしを食らった感じでしたが、興味深いお話でした。

名作と呼ばれる椅子43脚について好きな椅子、嫌いな椅子を一つずつ選んで理由を一言コメントをつける…という宿題が出ました。
宿題早く済ませなきゃ!(ブログ投稿より先に宿題済ませればいいのに)