冷蔵庫の買い替え

台所風景

わが家の冷蔵庫はかなり古いもので1995年に同居人が買ったものだそうです。
ときどき大きな音でうなっていて、調子悪そうだなぁと思っていました。
先週からはついに冷蔵庫がだんだん冷えなくなってきて、庫内は部屋の温度より寒い気がするけれど、飲み物など出してみると「あんまり冷たくない…」という状態。

冷凍庫は使えていて冷凍食品は無事だし氷も作れているのですが、冷蔵庫がダメでは使い物になりません。
買い替えを決意して、家電店へ。

現在のものは内容積が255L。
二人で暮らしていると、やや狭いと感じる場面がありました。
日立の冷蔵庫選びのページを見ると、

人数×70L+常備品分(100L~150L)+予備70L

が目安だそうです。
我が家は二人なので310L~360Lという数字になります。

並んでいる冷蔵庫を見て回りました。
冷蔵庫・冷凍庫・野菜室の順番とか、ドアポケットの様子とか、自動製氷の有無と手入れ方法とか、各メーカー各機種ごとに様々ですね~。
年間電気量の目安なども表示されていて、そちらも参考に。
結局容量415Lの少し大きめサイズにしました。
大型なのに、365Lの機種より年間消費電力量が少なかったのが決め手かな。

我が家の場合、冷蔵庫の設置が2階になるので搬入の確認作業などもあって実際に冷蔵庫が届くのは21日ですって。
それまで生鮮食料品の購入を最小限にしつつ耐えるしかないですね。
どうしても、というものはチルド室に入れて保冷剤を一緒に入れています。
氷を入れて冷やすなんて、昔の冷蔵庫みたい。
いや、しかし冷凍庫が無事なのが不幸中の幸いでした。